リコード法

IMG_0171.JPG

残念なことに、現時点において、アルツハイマー型認知症の中核症状

(記銘力や見当識の障害)を改善することのできる薬剤は存在しません。

 

そんな中、米国のブレデセン(Dr,Dale E.Bredesen)先生は、

アルツハイマー型認知症の原因となりうる3つの脅威(炎症やアレルギー

栄養不足やホルモンの異常、毒素)を精密に検査し、それらを改善させることによって認知症の治療を行うとするリコード法を開発されました。

米国では、これまで約500人の患者にこのリコード法が適用され

その約90%で症状の改善が認められております。

​今回、ブレーニングでは、附設する「まるもと脳神経外科クリニック」と

連携し、このリコード法を取り入れるととなりました。

​各種コース有り

​《検査内容》

​検査では36項目のリスクの評価に加え必要時には遺伝子検査を行ない、個々人に合った認知予防・治療プログラムを提供します。

神経心理学的検査(長谷川式 MMSE) 血液検査

ドクター診察 インボディー検査 MRI 等

ジャムの準備

​詳細は電話・メールにて受け付けております。