ブレーニングでは

高齢者講習の「運転技能模擬練習」ができます

高齢者講習には「運転適性検査」が必須です。

ブレーニングでは、1回15~30分程度でドライビングシュミレーターをつかった『運転技能練習』をおこなうことができます。

改正道路交通法施工による高齢者運転免許更新について

平成29年3月 改正道路交通法が施工されました。

この改正は、高齢ドライバーによる交通事故を増やさないために検査や講習をおこない、交通事故を未然に防ぐことを目的とされています。

​この改正法では、特に75歳以上の高齢者の運転に関する内容が大幅に変わりました。

免許証の更新期間が満了する日の年齢が

満75歳以上の方は、高齢者講習の前に

更新時の認知機能検査を受けなければいけません。(更新時の認知機能検査のことを別名「講習予備検査」ともいいます。)

運転免許更新時におこなわれる高齢者講習の項目

運転技能検査等

座学講習

70歳から74歳までの方

運転実技

75歳以上の方

座学講習

運転技能検査等

運転実技

講習

予備検査

「講習予備検査」の項目

受検者は、検査員の説明を受けながら3つの検査項目を検査用紙に記入しておこなわれます。

1. 時間見当識

1. 時間の見当識検査

検査日時の年月日、曜日を答えます。

2. 手がかり再生

4種類のイラストが描かれたボードが4枚提示され、検査員の説明を受けながら記憶します。

その後、別の作業をはさんでから、先程記憶したイラストをヒントなしに回答し、更に、 ヒントをもとに回答します

3. 時計描写

時計の文字盤を描きます。
次に、指定された時刻を示す針を、

その文字盤の上に描きます。

検査終了後採点が行われ、その点数に応じて、
・「記憶力・判断力が低くなっている方」
・「記憶力・判断力が少し低くなっている方」
・「記憶力・判断力に心配のない方」

この3つの分類で判定が行われます。

ブレーニング運動教室で

トレーニングをしたことがあるような​検査もあるね!